CDプレスとジャケット印刷・ケース

ジャケットやケースにも拘る

CDプレスを専門の業者に依頼すると、そのジャケットやケースも一緒に作るのが当たり前のようになっています。ジャケットのイラストなどは、自分で自由に選ぶことが出来るので、絵が得意な人は、自分でイラスト等を書いてもいいのです。CDを折角、作るのですから、ジャケットにもこだわっていきたいところです。自分で作ったCDに合ったイメージの絵や写真を好きなように使ってデザインしてみるのもおもしろいでしょう。しかし中には「絵がへたくそで自分で描くのはちょっと・・・」というような苦手な人もいらっしゃると思うので、その場合はCDプレスの業者に依頼すれば、あなたのイメージに合ったイラストや写真を見つけてくれるでしょう。

ジャケット印刷

 

CDプレスでは、CDを複製するのと同じく、CDにイラストなどを印刷することができます。コンピューターで自分で描いたもしくはCDプレス業者と一緒に作ったイラストを読み取って、1枚の狂いもなくすべてに印刷されていきます。最近は、自分でCDに印刷ができるソフトも市販されてはいますが、CDプレスでおこなう印刷は市販されているソフトに比べて格段きれいに印刷されます。もしCDプレスで大量にCDを複製して販売するのが目的でしたら、CDへの印刷も一緒にしてもらうべきでしょう。
CDプレスでCDの複製を依頼すると、CDへの印刷、ジャケットの作成、CDのケース、これらが全てセットになっている場合があります。CDプレスの業者によってやり方は変わってくるのですが、なかには、ジャケットやケースはいらないという方の為に、CDの複製と印刷だけでも依頼することができます。複製と印刷だけのことをバルクと言いますが、ケースに入っていないCDが納品されて、すぐに販売できる状態ではなくってしまいます。

ケース

 

CDプレスでCDの複製と印刷のみを頼んで、後で自分でジャケットを別に作成したり、プラスチックではなく紙の袋を作って、CDのケースにしたりすることもできます。バルクで納品してもらうと、ケースがない分場所を取らないので、在庫を抱える場合は助かるでしょう。しかしCDが外部からの衝撃で傷みやすいので、注意して保管しなければなりません。
CDプレスで複製した後、バルクで納品する意外は、ケースに入れて包装されて納品されるのが普通です。CDを入れるケースも自分の好みで選ぶことができるのですが、選ぶケースによって金額に差が出てきますので、よく確認をしましょう。
インターネットで検索するとCDプレスの業者で色々なケースを見ることができます。金額もその時に一緒にしっかりチェックして決めましょう。ケースはCDを外部から守る大切なものです。それにきちんとケースに入って、包装されていたら、CDの見た目のイメージも良くなります。ケースも結構重要な役目があるものですので、適当ではなくきちんと選んでください。

Valuable information

ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/

最終更新日:2014/11/18